2019年とうもろこし販売 本日(8/3日)から開始しました!

今年は本当に天候がおかしく・・・。

とうもろこしの生育に必要な日照時間・気温が少なくて、大変生育が遅い年でした。

本日8/3日から、やっと本格的に販売を開始することができました。

先々週から先行販売で少量出荷していましたが、二週間遅れでやっと本格的にお届けできます。

豊田市稲武地区の道の駅「どんぐりの里いなぶ」のテント広場にて、8月中は平日・休日問わず販売をする予定です!(天候・収穫の多寡により、販売休止の日もございます)

このノボリが目印です!

販売担当のこの夫婦の笑顔も目印!

販売期間中は焼きとうもろこしも予定していますので、匂いも目印(?)です!


販売するとうもろこしは

黄色の「おおもの」
いわゆる「とうもろこしの味」で、とても濃厚です!

そして、試食された皆さんがその甘さに驚く「プラチナコーンx(かい)」
まるで梨のようなフルーティーな甘さ。目をつぶって食べるととうもろこしではないようです。綺麗な「真っ白」なのも特徴。

朝獲れ新鮮なとうもろこしですので、生でも食べられますよ!!!
試食は生でお出ししております。


今年のファームいなぶは「トマト作り」にも挑戦しています!

採れたトマトは「袋一枚つめ放題」で販売。大好評です!
品種は「らくらくトマト」と「パルト」の二種類。


夏休みは是非、豊田市稲武地区 道の駅「どんぐりの里いなぶ」に足をお運びください!

トマト実験栽培中!

とうもろこしばかり取り上げていますが、今年はファームいなぶでは、

トマトの実験栽培

にも挑戦しています。

整然と並ぶトマトの鉢(?)

ファームいなぶのメンバー花農家「ちゃーりー’sガーデン」のハウスで、こちらもすくすくトマトが育っています。

花農家ちゃーりーが本業の花農家作業の後、夜な夜な一人で組んだ灌水システムがポイントです。

水に肥料を混ぜる機械
ストレーナーだそうです
このタイマーで定期的に水を出します。

この黒いホースから「プシュー」・・・ではなく、「ポタ、ポタ」と水が出てきます。

夜な夜な頑張ってくれたちゃーりーに感謝です。

この栽培方法

バッグ点滴栽培

というんだそうです。

うまくできるのか、おいしくできるのか、それすらもわからない挑戦ですが、おいしくできることに期待してます。